2022.12.04
嬬恋ゴンドラ
運休
6
運行情報・天気
2022.12.04
WEATHER
今日の天気
明日の天気
気温
- (山麓)
- (山頂)
積雪量
- cm (最低)
- cm (最高)
無風​
パルコール嬬恋スキー場は22-23シーズンのオープンを12月3日(土)に予定しておりましたが、積雪不足によりオープンを延期させていただきます。 今後のオープン日につきましてはSNSを通じ12月7日(水)午前10時に再度ご案内をいたします。 楽しみにされている皆様にはお待たせして申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。
GONDORA&LIFT
嬬恋ゴンドラ 運休
第1高速リフト 運休
第2高速リフト 運休
第3ペアリフト 運休
第4高速リフト 運休
スノーエスカレーター 運休
PARK
Magic Park R CLOSE​
INFINITY CLOSE​
24 CLOSE​
 
directions_bike_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48

MTB
field

パルコール嬬恋 MTBフィールド

#春 #夏 #秋

標高2,000mからの絶景を堪能出来る
本格MTBフィールド

本州随一の景観を眺めながらMTBダウンヒルが楽しめる、「パルコール嬬恋MTBフィールド」が遂に誕生。
3,193mの関東最長ゴンドラで一気に標高2,050mの山頂へ登れば、そこから見える日本離れした景観と真夏でも涼しい風が吹くフィールドが広がります。
「人生がもっと刺激的に、もっと豊かになる数々の魔法をかけるマウンテンリゾート」をコンセプトに、3フェーズに分かれたアジアを代表するMTBフィールドへの挑戦第1弾。今年は全長5,5kmのロングダウンヒルコースを軸にまずはソフトスタートします。

calendar_month_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48 (1)

2022年7月23日〜2022年10月31日
期間中の毎週土・日・月曜日
2022年9月23日 金曜日

【8月9日~19日 全日追加営業】
※20日・21日はMTBクローズ
詳細はInstagram公式アカウント@Palcallでチェック下さい。

schedule_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48

7:30〜15:30

MTB最終搭乗 15:00

currency_yen_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48

乗車券はセンターハウスにてご購入ください

【MTB 1日券】 大人 4,000円 小学生 3,000円
【MTB 1回券】 2,000円

dining_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48

夏の営業は休止しております。 予めご了承下さい。

bathroom_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48

「MTB 1日券」をお持ちのお客様はリゾートセンター内「四阿山の湯」を無料にて当日に限りご利用頂けます。

info_FILL0_wght200_GRAD0_opsz48

MTBフィールドご利用ガイド

  • 未就学児はゴンドラ無料。6歳未満のお子様は必ず大人1名の付き添いが必要です。
  • 営業時間は気象条件などで急遽変更となる場合がございます。
  • 山頂は標高2,000m以上となり急激な天候の変化などございます。季節によっては麓と気温が大きく異なるのでお気をつけ下さい。
  • ゴンドラ山頂からのコースはロングコースでかつ一部ガレ場を通過します。MTB未経験者の方は必ず経験者と同伴で行動下さい。
  • ゴンドラ山頂トイレは故障のため、センターハウス内のトイレをご利用下さい。
  • MTB利用券ご購入の際はコース利用誓約書への署名が必要になります。
mtb1
MTBフィールド走行者ルール
  • 常にMTBをコントロールして、人や障害物を避けられるよう走行すること。
  • 前方の走行者に優先権があり、走行している時や人を追い越す時は、前方もしくは横の走行者を避けること。
  • コース上にとどまり他の走行者の妨げになったり、後方から見えないような所では止まらないこと。
  • コースに入る時・合流するとき・走り始めるときには、周囲を確認し、他の走行者を妨げないようにすること。
  • 適正に調整され、ブレーキその他の機能が正常に働くMTBを使うこと。 必ず自転車用ヘルメットを着用すること。
  • 走行を許されたコース以外では乗車しないこと。 コースをショートカットしないこと。
  • 注意・警告看板を確認し、従うこと。人工構造物・立木・作業車両には近づかないこと。
  • 飲酒や薬物の影響、体調の不具合などで身体能カが損なわれている場合、コースおよびゴンドラ・リフトを利用しないこと。
  • ゴンドラ・リフトを利用する前に安全に乗車および降車できる知識と技術を持つこと。わからない事は係員にたずねること。
  • パーク内でパトロールを必要とする事故を目撃したら、傷病者およびMTBを安全な位置に移動し携帯にてパトロールを報告すること。
  • フィールド内では必ず携帯電話を携帯すること。
  • 自転車の立ち乗りが出来ない方、小さなお子様、MTB未経験者様方は、先ずは無料のクロスカントリーコースをご利用の上、スキルアップしてからゴンドラコースをご利用ください。

Gallery

Scroll to Top